アラサーで童貞というのはどうなんでしょうかね?ほんとは

アルパカ

こんにちは。金山トオルです

 

 

当サイトに「アラサー 童貞」という検索ワードでいらっしゃった方がいます。

 

 

アラサーということは30歳目前か、もう過ぎてしまった人ですね。世間では魔法使いと言われている世代です。魔法が使えるかどうかはさておいて、アラサーくらいになると、もうあまり焦りみたいのは感じないような気がします。

 

 

それでもやっぱり童貞は捨てたいというのが事実ですからね。私としてもセックスはしたほうがいいと思います。というか、アラサーで童貞ということは風俗にも行ってない??ということですかね?

 

 

それか素人童貞なのかはわかりかねますが、風俗で童貞を捨てるのは、すぐにでもできると思うのでここでは割愛します。風俗に行って童貞を捨てたほうがいいというのは間違いないですけどね。詳しくは下記を誤算書ください。

 

 

→参照 童貞で死にたいと思う場合で「風俗」か「出会い系」を使って童貞を捨てる方法

 

 

ここでは、普通の女性とセックスして童貞を捨てるということにフューチャーしていきます。

 

 

アラサーくらいになると選択肢は限られてくる

びっくりする女性

アラサーで童貞だと、女性との接点も少ないでしょう。

 

 

まず改善すべきは環境です。たぶんあなたは職場なり、私生活で女性との接点が少ないですか?その場合は、女性のいる環境つくりをするのがまず第一です。

 

 

趣味のサークル、スポーツジム、結婚相談所、合コン、街コンなど女性のいるところはある程度絞れます。また出会い系なので、出会いを強制的に作っていくことも有効です。

 

 

私は出会い系で28歳くらいのときに18歳の女子高でたての娘に童貞を奪われました笑。出会い系はそういった若い女性との出会いもあるので、最初に童貞を捨てるにはもってこいです。

 

 

何が言いたいかというと、やっぱり「女性のいる場所にとりあえずいってみる」「女性との出会いのツールも実際に使ってみて試す」といのが大事です。これって意外とやってみるとハードルはそれほど高くないですし、時間もお金もそれほどかかりません。一回やってみるとだいぶ生活が楽しくなってくるケースがあるので、おススメですよ(^O^)/

 

 

女性との接点をつくるのがメンドクサイ場合

物思いにふける女性

アラサーくらいになると、もうなんかメンドクサイからいいや・・・と思う人もいるでしょう。

 

 

でも童貞は捨てたい・・・・このジレンマに悩む人も多いんじゃないでしょうか?ぶっちゃけ女性ってめんどくさいんですよね。感情的ですし、なにより、大してイイ女じゃなくてもなんか変にプライド高かったり・・・

 

 

こういうとなんか私が嫌な男みたいですけど笑。最近は女性の地位が高くなりすぎたような気がします。それはさておき、そう思う人はそのまま童貞でもいいと思います。

 

 

「お前何言ってんだよ。」と言われそうですけど、こればっかりはしょうがないですね。童貞でも人間的に普通であればだれにも迷惑はかかりません。ただ、それだとちょっと寂しい気もしますよね。女性とセックスしたことがない人生というのも寂しい気がします。

 

 

そろそろアラサーくらいだと人生の方向性も考える時期なので、このアタリで女性との接点を増やしておくのも人生でアリだと思います。

 

 

女性との接点がないまま50歳くらいになると、かなり後悔しますよ。そういう人をけっこう見ています。

 

 

ですので、趣味のサークルでも、職場でも、出会い系でもその辺はうまくりようして 、少しでも女性との接点を作っていくようにしたほうが人生にはプラスになっていきます。

 

 

なんだか同じようなことを何度も言っていますが、「女性のいる環境に行く」「女性と会うためにツールを使う」などはとても大事なことで、それによって「生活が楽しくなってくる」からですね。そうなってくると

 

 

童貞を捨てるというより、女性を接する

可愛い読書する女性

結局はココに突きますね。セックスするのは副産物です。

 

 

女性はメンドクサイ生き物ですけど、この世には男と女しかいないので、やっぱり女を求めていくのが男の性というものですからね。

 

 

ですので、ゆるい感じでいいので、女性を求めていく人生のほうがなんとなく有意義です。

 

 

そのほうが楽しいですしね。まだまだアラサーくらいっだと若さもかなりあるので、いけると思います。

 

 

40歳くらいになるまでは、女性のケツをおっかけていくのもいいじゃないですか。そういう人私は嫌いではりません。男の本能ですからね。

 

 

そういう場合はやっぱり「出会い系」を利用すると確実に女性との出会いが激増します。ここでは出会い系の利用をするのがおススメです。

 

 

おススメの出会い系をご紹介します

スマホ

「出会い系」は自分の周りに女性がいない時の出会いを作るツールとしては最強のものになります。

 

 

「出会い系ってなんだか怪しいよね・・・」というのま2000年代前半までのイメージです。

 

 

現在では、スマホの普及でかなり使い勝手のいいツールになってきています。安定した人気のツールになっています。

 

 

そして、出会い系は良質な出会いを作り出すツールとして、日々進化しています。

 

 

サイトを実際使うとわかるのですが、初心者でもシンプルで使いやすいです。また本人確認や年齢認証をしっかり行うので安心して登録することができます。

 

 

ちなみに大手で老舗のの出会い系は登録者が500万人以上います。出会いを求める人がそれだけ利用登録をしていいます。

 

 

当サイトでは私が童貞を捨てることができた「PCMAX」をおススメします。

 

 

PAMAXはアクティブユーザー(サイトを実際使っている人数)は200万人以上いる最も旬な出会い系です。

 

 

使いやすさは感動するほどで、シンプルで誰でも簡単に使うことができます。サイトを使っていてストレスを感じません。

 

 

出会い系のメリットは、登録している人が「出会いを求めている」ことで、効率のイイ出会いを量産していくことができます。

 

 

ただ、出会い系を初めて「好みの異性」に一人目で会えるというわけではないです。やっぱり、出会い系を使って複数の女性と会って行くと好みの女性に出会うことができます。

 

 

最初に出会った女性が好みならかなりラッキーですが、こういうことは少なくおよそ10〜20人くらいは会って行くことで、その中で1〜2人くらいの好みの女性が現れます。

 

 

リアルな生活でも「かわいい娘」ってだいたい10人に1〜2人くらいですよね。出会い系でも確率は同じくらいです。

 

 

でも、10人くらい女性と会って行けば、たいてい好みの女性と出会うことができるのが「出会い系」の醍醐味でもあり強みです。

 

 

あなたが出会い系を利用して、好みの女性と出会うことができるのを心から祈っています。

 

 

→おススメ出会い系「PCMAX」の登録方法はコチラから

 

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 

関連ページ

童貞で死にたいと思う場合で「風俗」か「出会い系」を使って童貞を捨てる方法
童貞だから死にたいと思っている人・・・ならば女性と接してからでもそういう思いをするのは遅くないでしょう。風俗か出会い系を使って童貞を捨てて今後の人生を楽しくしていきましょう。
童貞が彼女をつくる方法 ヤリたいだけじゃなく女性に慣れていくのが大事な理由
童貞が彼女を作るには、女性に慣れて「女性の内面」を見るのが大事です。ただヤリたいだけだと女性は敏感にそれを感じ取ります。童貞が彼女を靴って行く方法をご紹介します。
童貞のアソコは小さいからダメ?女性は大きさより「堅さ」を重視しています
童貞のあそこは平均的に小さいといわれています。でも女性はそこの大きさはあまり重視していません。硬さです。あそこを大きくするなら筋トレして体を作ったほうがだいぶ女性受けはいいですよ。
童貞のまま死ぬよりナンパや出会い系を使って童貞を捨てる方法
童貞のまま死んでしまうんじゃ??という不安を持った人もいますよね。これ人によっては深刻かもしれません。童貞について真剣に考えてみましょう。ナンパや出会い系を使って行動していくことが大事です。
大学生で童貞場合は出会い系を利用して童貞を捨てるべき理由
大学生になると、だんだん友達も童貞を捨てていき取り残されて焦りも感じますよね。大学生で童貞の場合はどうすればいいのでしょうか?出会い系を利用した童貞を捨てる寳保をご紹介します。
童貞好きな女性を探すには出会い系が一番な具体的な理由
よく童貞に筆を下すのが大好きな女性っていると聞きます。実際コレほんとなんでしょうかね?そういう女性と出会うには「出会い系」を利用するのが一番です。その具体的な理由をご紹介します。
恋愛童貞とは何ぞや?その意味と男が女性と出会って行く具体的な方法
恋愛童貞ということばもあります。これはセックスはしたことあるけど恋愛はしてことがないような男のことです。さて恋愛童貞にならないよういするにはどうすればいいでしょうか?具体的に女性と出会って行く方法をご紹介します。
アラサーで童貞をこじらせる場合は早急に女性にいる環境に出ろ
アラサーで童貞をこじられている場合はなるべく早く女性のいる環境に打って出ていく必要があります。その方法とメンタル的な部分に触れています。